【栄光武道具】"BAK防具" 6mmミシン刺 胴単品

日本各地の作り手と繋がっている日本最大級のセレクトショップ  毎月5のつく日はポイント5倍!   20,000円以上購入で送料無料!  最短翌営業日に出荷! 

【栄光武道具】"BAK防具" 6mmミシン刺 胴単品

EIKO-1-3
BUSHIZO価格 36,720(税込)
ポイント: 340pt(ポイントは商品発送時に付与されます)
お届け目安:3週間以降
最高の剣道具技術×最新の剣道の科学 BAK防具登場!!


剣道家が求める製品を最高の伝統技術をもって、 最新の科学に基づき開発された新しい防具です。



◆最高級藍染めの武州木綿を使用。

◆剣道具師のアドバイスを受け、防具の仕立てに改良を重ねました。

◆芯材はBAK防具専用に開発した吸汗・衝撃吸収に優れた国産フェルトを使用。

◆最先端繊維の東レ製ウルトラスエードを使用。
★防具注文時は必見!サイズ計測方法はこちら★ サイズ情報はご注文後に専門スタッフがしっかり確認しますのでご安心ください。 身体のサイズ計測、商品のサイズ選びに自信がない方は無記入のままご注文ください。 ご注文後にお電話またはメールにてサポートさせていただきます。
年齢:
身長:
体重:
数量:
ADD TO CART
or

Amazon.co.jpに登録している情報を使ってお支払いができるサービスです。

胴は胸の上部と胴台の下部で支える為、胸の形と組み立てが重要になってきます。つまり横から見た時に胴台と胸が一体になっているような形に仕上がっている事が体にフィットし、軽く感じる事が証明されています。



◆仕様

胴 型押しクロザン返しべり2本足胸 BAKオリジナル本雲 濃紺ナナメ刺 黒50本型ヤマト胴



◆胴のサイズガイド

胴


◆注文時の注意点

フォームには着用される方のお名前やサイズをご入力ください。

※ご希望の方には面・甲手・垂に無料でネームをお入れいたします。
フォーム内『ネームのお名前』にご記入ください。ネームがご不要の方はネーム刺繍の色『刺繍なし』を選択してください。



◆発送について

本商品はメーカー直送品となります。
基本的には在庫が十分にある商品を掲載しておりますが、ご注文いただいてから1〜2ヶ月程度お時間がかかる可能性がございます。あらかじめご了承ください。



*BAKシリーズの開発インタビュー

セット

ーBAKシリーズはどういった開発経緯だったのでしょうか。

専務「BAKシリーズは、アンダーウェアから始まりました」

 

ーどれぐらい前ですか?

専務「6〜7年前です。そもそもうちの社長が、高校の先輩であり関東学院大学の准教授、剣道日本代表のトレーニングコーチでもある橋健太郎氏へ、アンダーウェアを作りたいと相談しに行ったのが始まりです。剣道は下に何かを着る発想がありませんでしたが、怪我を考えた時、もっとサポートするものが進化しても良いのでは?ということで相談をしに行ったのです。

その先輩が賛同してくれ製造する運びになりました。怪我を防止するため、剣道と他のスポーツで何が違うのか考えました」

 

ー剣道をやっている方の筋肉というのは、どのように発達しているのでしょうか?

専務「剣道をやっている人の筋肉は左のふくらはぎ、右のふとももが発達しているという他の競技にはあまりない特徴的な発達をしています。ですので、BAKは左右非対称のサポーターなんです。剣道の動きに必要な箇所にパワーネットを使用し補強することで、動きがスムーズに出来るようなサポーターを作りました。上着は背中にX字のようなパワーネットが入り、構えた時にすっと自然に胸が張れるような形になっています。それにより、背筋が張る疲れを軽減させる効果があります。

また、その箇所をサポートすればケガもしにくくなるという事になります。橋さんの考え方はケガをしない選手は強い・疲れない選手は強いと言っていました」

 

ー疲れない・ケガをしないと強い?

専務「同じパフォーマンスをし続ける選手が強い、つまり疲れにくくする=強くなるということです。相手は疲れても自分が疲れなければ力に差が出てくるという事です。またケガをしたらその分休養が必要になります、その休養を埋めるためにはとても時間がかかります、そのためケガをしないことはとても重要であるという事です。

その重要性を橋先輩が多くの剣道家に話してくれました。そうしたところ多くの方々から安心感があり翌日に疲れが残らないと絶賛してくれたのです。

バイオメカニクスという運動生理学を基に作っている商品がBAKです。BAKの防具もそうですが橋先輩と一緒に作った商品がBoost Ability For Kendo BAKです」


ーBAKの商品は、科学的な根拠に基づいて製造されていらしゃるということですね。

CUSTOMER’S REVIEW

PAGE TOP